行政書士 独学での勉強時間は?

行政書士 独学での勉強時間は?

 

勉強を始める前に、まずは行政書士に合格するためにはどのくらいの時間がかかるのかを知っておきましょう。

 

とある有名な通信講座では、標準学習時間として500時間を勉強時間として設定しているようです。

 

大手のスクールでは初学者向けのプログラムで200〜300時間で講義を行っているようですね。

 

ぶっちゃけ、通信講座が公表している標準学習時間ほどあてにならないものはないので、このサイトでは大手スクールが自ら設定している講義時間である200〜300時間のあいだをとって“250時間”で合格を目指します!

 

すでにお伝えしているように、僕の場合は170時間でした。

 

決して無謀な時間ではありません。

 

独学でも、やり方さえ間違わなければスクール生と同じか、短いくらいの時間で十分合格できます。

 

 

一日一時間なら8.3カ月。

 

一日二時間なら4.2カ月。

 

 

250時間とはたったそのくらいの時間です。

 

というわけで、試験までに残された時間から逆算して、一日の勉強時間をざっくり設定してみましょう。

 

無理な計画は立てないでください。逆効果です。

 

一日の中で、あるいは一週間の中で、確実に勉強のために確保できる時間帯を設定してください。

 

朝起きてからの30分、寝る前の30分、通勤通学電車の中、仕事や学校の休み時間、ダラダラしている時間・・・

 

挙げればいろいろあると思います。

 

その中から、勉強のために使ってもいい時間が必ずあるはずです。

 

「電車の中だと赤ペンでチェックしたり、ノートが取れないけどいいの?」

 

そんな疑問もあるかと思いますが、気にしないでください。

 

基本的にこのサイトの勉強方法では、赤ペンでチェックするのは最後の最後ですし、ノートも取りません。

 

その辺は後で詳しく触れますが、とにかくここではそういったことは気にせず、可能な範囲で勉強時間を捻出する事です。

 

 

次ページ 「行政書士 独学でのテキスト選び」へ

 

このサイトはみなさまからのご協力で運営されています。
このサイトに対する改善要望や質問などをこちらの専用フォームにご記入ください。
あなたの貴重な声を、資格とっ太郎こころよりお待ちしております。

みなさまの声をいただき、どんどん更新していきますので、お気に入りにでも登録していただければ幸いです。