行政書士 記述式対策

行政書士 記述式対策

 

記述式問題の対策、それは、、、

 

「とにかく問題を解いてみる」

 

ことに限ります。

 

 

基本的に記述式問題というのは、実力がつけば“勝手に解けるようになる”問題なので、特別な対策は必要ありません。

 

最初は、「40字でまとめる」ということに慣れないと思うので、これは問題を解きながら、そして模範解答を読んで、とにかく解きまくってください。

 

そうすれば「どう書けばいいか?」という“感じ”が掴めてきます。

 

 

ただし!!これだけは覚えておいてください。

 

 

“記述式問題がたとえ0点でも択一だけで180点以上取れるようにするべき”

 

 

行政書士の試験制度上、択一式問題が簡単だった年度は、記述式の採点基準を厳しくしたりということが行われます。

 

そうやって合格率を調整することが多々あるので、記述式問題を得点源の頼みの綱にすると、痛い目を見ることがあります。

 

 

ですので、「記述なしでも180点」を目標にしましょう!

 

もちろん、このサイトはそれを考慮しての「勉強時間250時間」を目標に設定しているので、難しい事ではありません。

 

 

行政書士試験は11月上旬に試験が行われ、1月下旬に結果が公表されます。

 

その間約2カ月半。

 

合否が記述の点数に左右されるような状態(例えば記述抜きで150点とか)だと、その2カ月半のあいだ、生殺し状態という受験生が少なくありません。

 

いつも不安ばかりが頭をよぎり、生産性が低下して、GDPも低下して、国家存亡の危機的状況(には陥りませんが・笑)、目標は「記述なしで180点」です。

 

 

そして、記述なしで180点とれるようになると、“自然に”記述式もある程度点数が取れます。

 

 

逆に中途半端に、記述抜きで150点ぐらいしか取れないような実力しかないと、出題される問題によっては「記述が全く解けない」ということにもなりかねないので、ある意味運任せになってしまいます。

 

 

時間もお金もかけて挑戦するんですから、そんな「運任せ」ではなく、しっかりと「実力で」合格を勝ち取りましょう!

 

 

 

行政書士の勉強法をバッチリマスターしたら、開業についても知っておこう。
→「行政書士も知らない。開業して圧倒的に稼ぐ秘訣とは?

このサイトはみなさまからのご協力で運営されています。
このサイトに対する改善要望や質問などをこちらの専用フォームにご記入ください。
あなたの貴重な声を、資格とっ太郎こころよりお待ちしております。

みなさまの声をいただき、どんどん更新していきますので、お気に入りにでも登録していただければ幸いです。