行政書士の年収。その現実は?

行政書士の年収は。その現実は?

行政書士の年収って、たしか平均200万円くらいです。

 

 

はい、もうフリーターなみです。平均は。

 

「行政書士になれば、いっぱい儲かるぞー!」
と思っているなら、現実はそんなに甘くないですねぇ。

 

 

ただし!

 

フリーターなみっていうのは、あくまで、平均。

 

「平均は」ですよ?

 

 

実は、この業界ほど「平均」というものが当てになりません。

 

なぜなら、ほとんどが独立のサムライ業だからです。

 

 

例えば「会社」って、大きな会社から零細企業までいろんな会社がありますよね?

 

年間何千億の利益を上げる会社もあれば、赤字の会社もあるわけです。

 

 

同じように行政書士にも、年間何千万も稼いでる人がいれば、生活が困窮するくらい稼げない人もいるわけです。

 

 

そういう状況の中での「平均」ということに注意しましょう。

 

安定的に雇用されているサラリーマンのそれとはまったくの別物なのです。

 

 

片足を0度の水につっこんで、もう片方を80度の熱湯につっこんで、

 

「あ〜平均で40度。いい湯だな〜」とはならないでしょう?

 

 

「平均」っていうのは、そういうくだらない数字です。

 

 

行政書士も、顧客を獲得するビジネスですから、上手にやれば年収数千万を稼ぐ人もいるし、ヘタクソなら1円も稼げないのです。

 

 

だからこそ、もしあなたがこれから行政書士の資格を取得して、独立開業を目指しているのなら、“今の内から”ビジネス面の勉強もしておくことをオススメします。

 

行政書士として開業したのに、集客ができなければ1円も稼げませんから。

 

 

せっかく資格を取ったのに、生活に困窮するなんてマジで笑えませんよね?

 

 

「でも、ビジネスってなにから勉強すればいいの?」

 

と、感じた方は、僕のメール講座で勉強法の他に、ビジネスの知識を体系的にまとめて配信していますので、興味があればぜひ登録してみてください。

 

↓こちらです
http://jscatch.com/

 

 

 

このサイトはみなさまからのご協力で運営されています。
このサイトに対する改善要望や質問などをこちらの専用フォームにご記入ください。
あなたの貴重な声を、資格とっ太郎こころよりお待ちしております。

みなさまの声をいただき、どんどん更新していきますので、お気に入りにでも登録していただければ幸いです。