行政書士 テキストの読み方

行政書士 テキストの読み方

 

このサイトのトップページで、

 

「赤ペンでチェックするのは最後の最後」
「基本的にノートは取らない」

 

という事を軽くお伝えしていましたが、このページではその事について詳しく触れていきたいと思います。

 

 

まず、基本的なテキストの読み方について。

 

基本的にテキストは“ただ読むだけ”です。

 

テキスト選びで間違っていなければ、それだけで知識がつきます。
(別に声に出して読む必要はありません。)

 

だから、この勉強方法では「どんな時でも」「どんな場所でも」、テキストを読む暇さえあれば基本的な勉強はできてしまうのです。

 

電車の中でも、仕事の休憩時間でも、公園のベンチでも、デートの待ち合わせ中でも。

 

読むだけで理解できるのですから、場所も時間も選びません。

 

逆に、読んでも「理解できてる!」という感覚がなければ、それはテキスト選びで失敗しています。

 

既にお伝えしたように、行政書士を受験する独学の人は、このテキスト選びで失敗している事が、合格できない決定的な要因なのです。

 

このテキスト選びで失敗すると、250時間の勉強で充分なところが1000時間にも増えてしまうという、恐ろしいほどの時間の無駄遣いをしてしまうことになりかねません。

 

ですので、仮にテキスト選びで「失敗したな〜」と感じたなら、すぐさま他のテキストを探してください。

 

無理して失敗したテキストで何百時間も勉強するより、他のテキストを探す数時間と数千円を犠牲にしたほうが遥かに効率的ですし経済的なのです。

 

そして次に、赤ペンでのチェックについて触れたいと思います。

 

よく、テキストを読み始める最初から赤ペンで熱心に重要なところをチェックしている人が多いようですが、独学ではそれは間違いです。

 

スクールなどでは、ここは大事だからと先生が赤ペンでチェックする事を進めることはあるでしょう。

 

しかし、独学では教えてくれる先生はいません。

 

そもそも、何が重要なところなのかを最初からわかるはずがないのです。

 

 

ではいつ分かるようになるのか?

 

 

そう、それが最後の最後の試験の直前です。

 

テキストを2回以上読んで、過去問に取り組んでいるまさにその時。

 

その時にようやく赤ペンを取りだす事を許されるのです。

 

過去問を何年分も解いていけば、どのようなところが出題されやすいのか?どのようなポイントを押さえていれば問題が解けるのか?

 

そういったことが“自然と”肌で感じられるようになります。

 

それを経て、やっと“何が重要なのか?”がわかってくるのです。

 

テキストに赤ペンが入るのはその時です。

 

 

そして、このサイトの勉強方法では基本的にノートを取りません。

 

それはなぜかというと、

 

・時間がかかる。
・大して意味がない。

 

この二つが大きな理由です。

 

確かに、ノートを取ったほうがノートを取らないよりは頭に残りやすい“かも”しれません。

 

学校の先生が必死に「黒板をノートに取れ。」とはよく言ったものです。

 

しかし、学校教育における「ノートを取る」という行為は、どちらかというと“ちゃんと勉強しましたよ”という証拠を残す色が強いと僕個人は感じています。

 

お母さんが子どもに、

 

「ちゃんと学校で勉強した?」
「うん!勉強したよ!ほらこんなにノートに書いたよ!」

 

あるいは教頭先生が教科担当に、

 

「ちゃんと授業やってる?」
「はい!(ノートを見せて)ちゃんとやっています!」

 

とまあ、ノートを取るというのはこんなときに役に立つわけであって、高い学習効果があるかどうかというのは別問題なわけです。

 

そして僕自身は、大した学習効果を感じていません。

 

大した効果もないくせに、やたら時間だけが過ぎ去っていく、僕にとってはジャイアンのリサイタルよりも勘弁してほしい存在です。

 

 

補足ですが、これは僕が個人的に主観的に感じている事なので、僕以外の人は、それぞれ違うように感じている事も否定できません。

 

「ノートに書くとよく覚えられるぜ!」

 

という人も少なくはないかもしれないので、こればっかりは効果を感じている人だけがノートを取りながら勉強すれば、それで構わないと思います。

 

 

どうでもいいですが、僕はノートを取ること自体を嫌っているわけではありません。

 

むしろ普段はノートを書きまくっています。

 

主に、自分の考えを頭の中から外に出すときや、良いアイディアが降ってきた時など、今の自分の頭の中を保存しておきたい時に、それをノートに書きつづります。

 

よく「写真は時間を切り取るもの」だと言われますが、ノートも似たようなものです。

 

「ノートも時間を切り取るもの」

 

写真が時間を切り取って“光を保存するもの”だとしたら、ノートは時間を切り取って“頭の中を保存するもの”。

 

そこにこそ、ノートを取る意義があるのだろうと僕は思っています。

 

ただ目の前にある、黒板に書かれた情報を書きとるだけのノートを僕がクソだと思う理由はここにあるわけです。

 

黒板の文字列が、ただノートに写されただけで満足しているような授業なら、それは単なる自己満足以外のなにものでもないでしょう。

 

本当の意味での“教育”とは程遠いのです。

 

少し話しがそれてしまいました。
ホントにどうでもいい話ですね(笑)

 

 

次ページ 「行政書士 過去問の活用方法」へ

 

このサイトはみなさまからのご協力で運営されています。
このサイトに対する改善要望や質問などをこちらの専用フォームにご記入ください。
あなたの貴重な声を、資格とっ太郎こころよりお待ちしております。

みなさまの声をいただき、どんどん更新していきますので、お気に入りにでも登録していただければ幸いです。